身近に潜む小さな悪魔を撃退|コウモリ駆除は危険を伴うものです

様々な種類がいる

こうもり

近年では、動物や鳥類による被害がたくさん増えてきています。コウモリの被害も日本で数多く見られるようになっています。コウモリは山などの自然環境で生息していることがほとんどですが、中には人間の家屋に住処を作って生息している種類もいるのです。その大半がアブラコウモリという種類でしょう。アブラコウモリは、非常に小さいサイズをしていることが特徴となっています。体長はおよそ4cmから6cmであるといわれています。人間の人差し指ほどしかないという非常にコンパクトな体をしているのです。そのため、家に侵入しても気づかれにくく、対処が遅くなってしまうことが多いのです。しかし、羽を広げるとその体長は18cmから24cmと非常に大きくなります。家の中で飛ぶことで初めて存在に気づくことも少なくないのです。このアブラコウモリはが家に棲みついてしまうと、様々な被害を及ぼします。最大の被害は騒音です。天井や壁などを引っ掻いて騒音を発してしまうことから、多くの人々を悩ませています。また、子どもを産んでしまうと余計に被害は拡大してしまいます。アブラコウモリが繁殖する時期は、10月から11月となっています。繁殖を防ぐためにも、コウモリ駆除をきちんと行なうことが大事になります。

コウモリの駆除は自分で行なうこともできますが、ケガをする危険性が高いので専門の業者に依頼したほうがいいでしょう。最近では、コウモリ駆除を専門的に取り扱っている業者が数多くあります。コウモリ駆除の業者を探すときには、インターネットを利用する非常に見つけやすくなります。依頼をする業者のほうが見つかったら、コウモリ駆除の申し込みをしましょう。都合のいい日時を伝えるとその日に作業員の人が訪ねてきてくれます。自分で駆除を行なうよりも断然効率良くスピーディーに作業を進めていってくれます。