身近に潜む小さな悪魔を撃退|コウモリ駆除は危険を伴うものです

業者に依頼すると安全

蝙蝠

コウモリによる被害は年々多くなってきています。日本で一番多く見られる種類がアブラコウモリという種類になります。アブラコウモリは、他の種類のものに比べて非常にコンパクトなサイズをしています。そのため、民家に潜んでいてもなかなか発見されにくいのです。また、窓や玄関などといった小さな隙間からでも家の中に侵入することができます。最近では、日本全国でこのアブラコウモリの被害が発生しています。いつどこで被害に遭うのかわからないのです。アブラコウモリが家屋に侵入してしまうと大変です。夜行性の性質を持っているため、日中は巣でおとなしくしていますが、夜になると活発的に活動を始めます。巣から飛び出して、人間を攻撃する危険性も非常に高いのです。コウモリに限らず他の野生動物全般に言えることですが、その体には多くの細菌やノミ、ダニなどといったものが寄生しています。それらの寄生物が元で病気や感染症などを発症することもあるのです。家の中や周辺に巣を発見したら、いち早くコウモリ駆除をする必要があるのです。

コウモリ駆除を行なうときには、専門の駆除業者に依頼することが一番です。何故なら、コウモリは無許可で駆除することが禁じられているからです。鳥類保護法という法律で決められており、市町村や県から特定の許可を得ないと捕まえることができないのです。そのため、あらかじめきちんと許可を取っている専門の業者にコウモリ駆除をお願いしたほうがいいといえるのです。近年では、コウモリ駆除の業者もとても多くなってきています。全国各地に様々な業者があるので、ネットで検索してみるといいでしょう。最初の見積もりや調査などは無料で引き受けてくれるところもあります。業者によって駆除の方法やかかる料金などに違いがありますので、いろいろなところを比較してみるといいです。